受験で必要な集中力を養うには

受験となったら、とにかく集中力勝負になるところがありますよね。

出来るだけ、ライバル達よりも集中して試験に臨めれば、それだけ合格の確率も高くなっていきます。

 

かと言って、集中力がどれだけ「短期的に」あっても、試験時間は長いですから、その間中ずっと集中力が続かなければ、ライバルとの戦いに負けてしまいます。

今回このサイトでオススメしている「レゾ・メモリー超記憶脳」と言うツールですが、これは短期的な集中力のみならず、長期的な集中力も上げてくれる、まさに現代の魔法のツールです。

 

レゾ・メモリー超記憶脳を用いる。もちろんある程度体調の良い時にして下さい。

疲れている時用の音源もパッケージにはされているのですが、さすがに睡眠時間3時間未満、みたいな過酷な状況だと、短期的な集中力は期待出来ても、息切れしてしまって集中力が持ちません。

 

集中力をどれだけ高めても、あなたの脳は疲れません。寧ろ疲れを排出しているかのごとく、どんどん鋭い集中力の状態に入っていく事が出来るようになります。

ですから、集中力のありすぎで困る、という事はありません。

受験の時にどうやってレゾ・メモリー超記憶脳を使うか

受験の際、イヤホンを耳に突っ込んでの受験は不可能です。そうなると、レゾ・メモリー超記憶脳も使いようが無いのでは無いか、と思われる方。真っ当なお考えです。

ですがこれは、レゾ・メモリー超記憶脳の根本的な機能からすれば、全く問題にならないのです。

 

レゾ・メモリー超記憶脳では、まず初めに集中力をMAXの状態まで、その音源の力で引き上げてしまいます。そうすることで、試験開始の時点にはフルパワーの集中力で挑める、という訳です。

他の受験生もそうですが、問題を解いていくうちに次第に疲れが出ます。それはレゾ・メモリー超記憶脳を使っていても同じです。

ただ、高い集中力の状態からスタートしたあなたは、確実に「疲れづらい」のです。

そういう点で、他の受験生たちより優位に受験を進められるので、有利なのです。

 

受験の際の基本的な使い方は、受験票の確認などの時間でまだ耳にイヤホン入れていても良い時間帯に、レゾ・メモリー超記憶脳を聞き流しておきます。そうすることで、その時点で発揮出来る最大限の集中力の状態に引き上げておきます。

それで、いざ「しまって下さい」と言われたら、素直にしまいます。もうこの時には集中力の状態はMAXですので、他のライバルがもじもじしているのを尻目に、あなたはひたすら目の前にある答案用紙に集中出来る状態になっているのです。

レゾ・メモリー超記憶脳はチートツールか?

ザックリ言ってしまえば、現代のチートでしょうね(苦笑)。まぁ一時期時代を騒がせたスマートドラッグほどのチートではないにしても、これを使っている人とそうでない人とを比べてしまうのは、酷というものです。

もしレゾ・メモリー超記憶脳を使いたくない、という積極的な理由があれば寧ろ挙げて欲しいと思うほどに、効果は高いです。それだけに、寧ろ他の受験生が使っていないかどうかの方が気になるほどです(笑)。

 

また、バイノーラルビート音源で集中力UP、というのはYouTubeでもたくさんありますが、聴感的に耐えられない音源である場合が殆どです。人間誰しもそうですが、不快と感じるものから効果を得られはしません。レゾ・メモリー超記憶脳は快適な音源ですので、脳の芯から集中力が沸き上がってくるのです。

 

是非これを機に、レゾ・メモリー超記憶脳を手に入れて、ライバルを出し抜いて下さいね。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です