集中力の正体とは

集中力の正体、というのは、実は脳波の状態でもあります。脳波が集中状態になれば、自然と集中力が高い状態に落ち着く、ということです。

とは言っても、集中力が高い状態をそう簡単に継続出来るか、というとなかなかそうも行かず、苦戦されている方が多いのも事実です。ここでは集中力を長続きさせる方法論をお話ししたいと思います。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

 

集中力を維持するためには

集中力を維持したければ、まずは机の上を整頓しましょう。雑多なものが目に入る度に、それだけで集中力は途切れます。丁度「雑多なもの=アンカー」として、集中力が無い状態へと導いてくれてしまうので、なるたけ雑多なものは「目に入らない」様にすることが大切です。

それから、これは私オススメの方法ですが、レゾ・メモリー超記憶脳のような「単に聴いているだけで集中力維持」が出来る方法を取り入れると良いですね。レゾ・メモリー超記憶脳は、名前こそ怪しいですが、集中力の維持には非常に効果的です。昔は脳内アップデートという、もっと廉価な商品もあったのですが、今はその販売が終了してしまい、レゾ・メモリー超記憶脳だけが効果的なものとしては残っています。

もちろん、ヘミシンクなど別のものでも良いのは間違いないのです。あれらもまた、集中力維持には役立つので。けれど、レゾ・メモリー超記憶脳は、値段が高いだけあって、それなりに凄い効果があるからこそ、私はお勧めしているのです。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

一度途切れた集中力を元に戻すには

集中力が一度途切れてしまうと、再度元のレベルまで戻すのには苦労しますよね。これを解決出来るのも、レゾ・メモリー超記憶脳だったりします。

レゾ・メモリー超記憶脳を用いると、集中状態から離脱した後でも再度すぐ集中状態に戻る事が出来ます。その特性を利用すれば、ちょっとくらい休憩を挟んでも大丈夫。集中力の度合いはあくまで緩やかに落ちていくので、休憩後すぐレゾ・メモリー超記憶脳を入れれば、またすぐトップギアの集中力で作業再開が出来るのです。

勉強でもその如くで、レゾ・メモリー超記憶脳を用いていると、最初から終わりまで、集中力が継続します。ただここはコツなんですが、脳が疲れてきたら、少し休憩を入れた方が良いです。10分くらいの小さな休憩で良いです。そうすることで、身体の緊張も取れますし、脳が固まったような感じも取れます。10分後、またレゾ・メモリー超記憶脳を入れれば、すぐに最高速度の集中力が戻ってきますから、安心して休憩を入れて欲しいと思います。

まとめ

集中力、と一言で言っても、作業系から勉強まで色々な場面があると思います。そのいずれの場面に於いても、レゾ・メモリー超記憶脳は活躍してくれます。

 

なにせ、作業開始前20分間聞き流すだけで良いんですからね。作業中も聴ける作業であれば、ずっとループで聴いていても良いですし。ですから、効果を出したいと思ったら、レゾ・メモリー超記憶脳をまず手に入れて、集中力という絶対効果を手にして下さい。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です