集中力の状態を徹底的に管理する

集中力の状態というのは、管理が可能です。主に5段階程度に分けるのがベターかと思いますが、0~5の尺度で私は評価をしています。

 

0レベルの集中力は、集中していない状態。何も集中しておらず、色々な騒音で意識も途切れがちになる状態を指して、レベル0と定義しています。

次のレベル1の集中状態は、一般的に新聞や雑誌を読んでいる程度の時の集中力です。外音もよく分かり、かつある程度は集中しているけれど、それ程本格的に集中している訳でも無い状態、というのがこのレベル1です。

 

次のレベル2の集中力の状態に移行するには、結構苦労をします。一般的に、集中力が研ぎ澄まされている方であれば、すぐに集中力レベル2にも入れるのですが、何か気になる事があったり、気になる音がしたりしている状況だと、なかなかレベル2まで上がる事が出来ません。

そこでお勧めしたいのが、レゾ・メモリー超記憶脳です。これを用いると、イヤホン・ヘッドホンで外音を遮断する効果も含めて、半ば強引にレベル2の集中力まで、何の苦労も無く持ち上げられる事になります。

 

レゾ・メモリー超記憶脳で出来る集中力の状態は、せいぜい4まで。最後のゾーンでもある5に辿り着くには、ご自身の努力が必要です。必要、と言いましたが、レベル4まで集中力が出せていれば、それ程レベル5まで移行するのには苦労をしません。ある程度自分の中で勢いが付けば、ほぼ自動的にレベル5・ゾーンに入る事が出来ます。

ただやはりそこでも重要なのは、レベル5を維持する事です。レゾ・メモリー超記憶脳を用いると、集中力の維持が出来るので、一度昇格してレベル5になった後、その維持が飛躍的に楽になる、という現象が起こります。こればかりは実際にレゾ・メモリー超記憶脳を体験してもらわないと分かって頂けないと思いますが、それだけのポテンシャルがレゾ・メモリー超記憶脳にはある、という事は信じて下さい。マジですから。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です