レゾ・メモリー超記憶脳の安全性とは

レゾ・メモリー超記憶脳は安全か、という議論が、一部で沸き上がっているようです。

これは、レゾ・メモリー超記憶脳が「バイノーラルビート音源」というものである事から来るものです。

 

予め言い置きますと、バイノーラルビート音源というのは、左右の耳に独立した音を聴かせて、脳内に差音を生じさせる技法です。

その差音に脳波は同調して変化する、という性質があるため、脳波調整の為に用いられます。この「脳波調整」が危ないのでは? という、もっともな疑問です。

しかし実は結論は出ています。レゾ・メモリー超記憶脳もバイノーラルビート音源も安全です。

バイノーラルビート、という技法が確立されてから既に半世紀が経ちますが、その間米国の研究者がこぞってその危険性について研究を重ねてきました。

その結果、「一部向かない人を除けば、安全である」という結論が導き出されたと聞いています。一部向かない人、というのは、てんかんの持病があったり、妊婦さんでけいれん閾値が下がっている方々などです。

 

今までけいれん発作を起こした事がある人は、バイノーラルビート音源も安全とは言えませんのでレゾ・メモリー超記憶脳も使えません。

ですが、基本的にそれ以外の人にとっては、バイノーラルビート音源は安全に利用出来る「脳のチートツール」です。

脳をチート、というと語弊がありそうですが、少なくとも受験でこれを使っている人がいるのも確かな話です。

 

一時期、スマートドラッグの濫用(?)が問題となり、国を挙げてスマートドラッグの排除に乗り出した経緯がありますが、レゾ・メモリー超記憶脳はそういう薬物的な手法では無いので廃れません。

効果はある。けれど副作用は無い。だから安心して使って頂けるのです。

スマートドラッグは、どうしても薬の、しかも目的外使用ですから、副作用が出てもどうしようもありません。そもそも「そういう薬ではない」ですから、緊急で担ぎ込まれても医師も対処に困るでしょう。

 

けれど、レゾ・メモリー超記憶脳含めバイノーラルビート音源は、そもそもそういう危険性が無い、というのが事実です。

ですので、どれだけレゾ・メモリー超記憶脳をガンガンにループで使って、チートのレベルで頭の回転数を上げても、誰も文句も言いません。危険でもありません。

 

一般的に「受験は公正に」みたいな雰囲気が日本にはありますが、スポーツの世界ではないのですから、チートがあって当たり前です。

カンニングの様な『あからさまに不正』な行為は取り締まられますが、試験開始前20分間、音源を聴いておくだけ、というのは何のお咎めもありません。

しかも、試験監督者が仮に音源を聴いたとしても、多分「何コレ?」でしょう。レゾ・メモリー超記憶脳を知っている人の方が少ないですから。

更に言えば、仮にレゾ・メモリー超記憶脳だと試験監督者が分かっても、それを止める権限はありません。試験時間前のひとときですから、どう過ごそうと自由なんですから。

合法的に脳力をアップするレゾ・メモリー超記憶脳

法的に、実にクリーンです。誰も咎める人はいません。もし咎めるとしたら、「他の人に悪いなぁ、自分だけ得してて」と良心の呵責があるかも知れません。

それだけ、良心の呵責が生じるほどに、レゾ・メモリー超記憶脳は効果が高いのです。一度セッティングとセットをしっかりして使ってみれば分かります。

因みに、レゾ・メモリー超記憶脳に限らずバイノーラルビート音源は、始め少しの期間『慣れ』が必要です。ですので、試験1日前に購入して聴き込んでも、効果は出ません。

 

出来れば試験2週間前程度には購入し、慣らしでどんどん聴き込む、くらいの準備は欲しいところです。

レゾ・メモリー超記憶脳は、繰り返し言いますが、クリーンです。合法です。不正行為にも当たりません。

あなたをチートする最強ツールですから、この際是非手に入れて下さいね。

 

レゾ・メモリー超記憶脳の特集ページへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です