資格試験・受験……


混沌と見えない敵と戦い続けるのは
大変に辛いものです
もし、ライバルをごぼう抜きする秘策があったとしたら、あなたは知りたいですか?

実は簡単な方法で、日々の集中力を飛躍的に高め、学習効果を上げる方法があるのですが……

あなたは、しっかり努力をしています。
それでも望む結果が、まだ手元に近づいていない。だからこそこのページを開いているはずです。

人間誰しも、集中力には限りがある、という事が一般的に言われています。
けれど、実はそれは、「普通にしていると」という前提がつきます。

ある方法で集中力を高めてあげる事で、1日10時間でも楽勝に勉強出来る脳と身体になります。

あなたはその「超」集中力を手に入れたいとは思いませんか?

集中力を高めると、こんな恩恵があります。

ここではあくまで勉強に関する恩恵を述べますが、集中力全般にも言えることになります。
集中力が伸びる=勉強も捗る、という図式です。

1日10時間の勉強が全く苦では無くなる
ふと気付くと3時間以上ぶっ通しで勉強している自分に気付く
トイレと食事だけでリフレッシュは出来てしまい、他の時間は全て勉強に費やせる
いわゆる「ゾーン」に、簡単かつ安全に入る事が出来る
「ゾーン」の状態を意図的に発生させ、それを維持する事が出来るようになる
幾ら勉強をしても、脳が疲れるという感覚に襲われないで済む
勉強している自分、というのに何より自信が付く

この、とある方法を使って私は、1日最大13時間・連日で勉学に時間を費やした事があります。
また勉強以外でも、今はビジネスの為にこのメソッドを応用利用して、かなり効率的に仕事が出来ています。

集中度、というのは一見すると主観的ですが、「ゾーン」に入ったら他人の目からも明らかになります。

今までゾーンに入ったことが無い方だと想像すら難しい世界ですが、ゾーンはまさに別世界。

ゾーンにいると、疲れ知らずで目の前のタスクを次々こなしていく事がとても簡単になり、かつ快感になります。

勉強、という少々面倒な事も、このとある方法を用いてゾーンに突入させてあげれば、簡単に継続出来ます。
寧ろこの方法は、天性でゾーンに入れる方向けというよりは、ゾーンになかなか入れない方の為の方法論です。

集中力、というのがまだ「自分の操作できる範囲外」の方にこそ、この方法を使ってもらいたいのです。

集中度・集中力とゾーンの関係

集中出来ればゾーンに入れるか、というと必ずしもそうではありません。

ゾーンに入るためには、幾つかの条件があります。

その1つが、とにかくまず集中すること。でもこれでは、ゾーンに入るために集中しているのか、集中した結果ゾーンに入れたのか分からず困りますよね。しかも、集中が出来ないからゾーンに入れないのであって、この「ゾーンの入り方」では、上手く語れない所が出てきてしまいます。

 

集中力を伸ばし、ゾーンへの近道を模索する

事の次第は簡単です。実はとあるツールを使います。使う道具は、MP3プレイヤーでも良いですし、iPhoneなどオーディオが聴けるシステムとイヤホン(ヘッドホン)があればそれで十分です。

用意するべきはそれだけなんですが、それらを使って比類無いまでに集中度を高める事が出来ます。

 

ゾーンに入るためにする事はただ一つ。

特殊な音源を、20分くらい聴くだけです。

それだけでゾーンに入るための準備が整い、そのままのモードで勉強に取りかかれば、ゾーンに入る事が出来るようになります。

 

実に簡単な方法ですが、これが実に効果的です。

 

一度ゾーンに入れると、かなり「よそ事」に気を取られない限り、ゾーンの状態は持続します。

言うなれば、無双状態。

誰も敵にならないほど強い集中力の状態に入れます。

 

今あなたは、疑いながらこのページを見ていることでしょう。それもそうです、音源を聴いただけで集中力が上がるのであれば誰でもやっているよ、という思いだろうからです。

そして実は、実際にそういう事をしている人・受験生は結構います。実はあなたが知らないだけで、音源を用いて集中力を上げて受験に挑んでいる受験生は、割とメジャーな存在なのです。

 

外から見ると、単に音楽を聴いてリラックスしている様に見えます。そこが良いところ。

実は聴いているのは、脳をフルアクセル状態にするバイノーラルビート音源。

そういう人は、当然試験冒頭からフルパワーで回答が出来ます。調子が乗らないとか過剰に緊張するとか、そういった事からも無縁です。

 

次はあなたが、この特殊な音源を試す番だと、私は思っています。

いただいた感想を紹介します

正直言って驚きました。こんなに効果が出るなんて!

現役高校生(受験生) 難関大学への受験で、このアイテムを見つけ、手に入れられました。

いやホント、ビックリです。ただ音源を聴いただけで、その後の集中モードが全然違うんですから。一番ビックリしたのは自分自身でした。

最初は、説明書にあるとおり数時間程度から慣らしていったんですけど、ある日不意に「リピートで掛けたらどうかなー」と思って、やってみました。これが大当たり!

説明書には「疲れを取るための休息を」ってフレーズがありましたが、全然必要ないんです。問題が解ける、その快感で疲れが飛ぶ、そしてまた問題が解ける。この連続で、気付いたら夕飯の時間無視して夜10時まで勉強してました(笑)。

 

この製品は、私の様な受験生だけでなくても、誰が使っても良い品物だと思います。

集中力を、特に机上で発揮したいと思われる方は、是非使うと良いと思います。

あらゆる「集中力がいる場面」で活躍しますね。

在宅ワーカー ブログ外注のお仕事をされています。

何より作業能率が上がり、ミスも減るので今では欠かせないアイテムになっています。

ブログのご依頼が来たら、まず私はすぐにこのアイテムに手を伸ばし、耳にイヤホンを押し込みます。それで音源ON。最初は効き始めまで少し時間が掛かったんですが、今では条件反射なのか、音源が流れ始めるとすぐに超集中モードに入る事が出来るようになりました。

集中力を要するブログの外注でも、誤字脱字も減りましたし、その正確性なども評価されて単価も上げてもらっています。何よりリピートでご依頼して下さる方の信頼を勝ち取れた、という気分が嬉しいですね。

 

集中力を高める方法は色々と議論されていますが、私にはこの方法が一番手っ取り早くて良かったです。「今」集中力が欲しい、という場面で、ずば抜けた効果を出してくれるので、とても助かっています。

実質8本で得した気分です!

さたろー様(SOHO) ご自宅でクラウドワークをしてらっしゃいます。

最初、公式ページを見たら、6本の音源だって言っていましたが、よしざきあゆむさんから買ったら、2本おまけ(というには凄すぎる!)が付いてきました。

私もよしざきさんと同じで、追加の音源のリピートが好みですねぇ。同じような仕事をしてるから感性も似ているのでしょうか(笑)。

 

もちろん、正規商品の6ファイルも聴きますし、効果も十分あります。

けれど個人的には、「7」ファイル目の音源がお勧めです!

喜びの声はこれだけではありません。 そして、次はあなたが、喜びの声を上げる番です。

ここまで読まれて、少し気になった、という方もおられるでしょう。詳細は販売ページに譲るとしまして、まずは出来るだけフラットにこの特殊な音源を紹介したいと思います。

 

集中力を高める、というのが機能としてある音源です。

その背景理論にあるのは、まずバイノーラルビートという技法です。

 

バイノーラルビート音源自体は、YouTubeでも置いてあるくらいにメジャーなものです。あちらは無料なので、試してみたいという方には良いかも知れません。

ただ、今回ご紹介しているのは「格が違う」としか言いようがありません。

出せる集中力のレベルが全然違います。これはバイノーラルビート「だけではない」ところに理由があります。ビート音や、アンカーなどを用いて、出来るだけスムースかつ強力に、集中力を上げるために作られた専門アイテムですから、YouTubeにテキトーに置いてある音源ファイルが勝てる話はありません。

 

また、安全性の面でも、YouTubeの音源は宛に出来ません。

YouTubeは、誰でも自由にアップロード出来る代わりに、安全性の担保が何処にもありません。バイノーラルビート音源は脳波を左右する性質があるので、下手に「おかしな脳波」に調整されてしまったら、集中力どころでは無くなってしまいます。

 

それをこの、今からご紹介する「レゾ・メモリー超記憶脳」では、徹底的に機能的、かつ安全に出来るようにと工夫がされています。

 

但し、以下の方はレゾ・メモリー超記憶脳を使って頂けません。

てんかんの既往歴をお持ちの方

妊娠中の方

これは、バイノーラルビート音源というのが脳波を操作する、という関係で、脳波が不安定な方には向かない(けいれん発作を起こす危険性がある)というのが理由です。

あと、左右の耳に聴力の差が著しくある方、というのも、効果が期待出来ないという意味で利用は控えた方が良いでしょう。

「レゾ・メモリー超記憶脳」を用いれば、ゾーン入りも楽々。
では、その価格はどうでしょう?

実はおまけがあります。 私から購入された方には、特別音源2つ追加プレゼントです。 以下の表示が出ている方のみ適応されます。

アドブロッカー・クッキー(cookie)削除ツールなどをONにしていると、 特典が受け取れない事があります。必ず上記の表示がある事を確認して下さい。

なお、特典音源は、MP3+PDFダウンロード版のみの特別限定配布です。